« あきらめないで!『片づけができない人』なんていない。 | トップページ | コーディネートを記録してみる »

2017年7月 1日 (土)

子供が自分で工夫できるということ

「ママ〜、
俺、ファイルわけてみた。」

長男(小6)が学校から帰ってきて言いました。

(まだママと呼んでいるのは…スルーで。)

小1の頃は連絡袋にお便りを入れて持って帰ってきていましたが、
使いにくくなってクリアファイルに挟むようにしていました。

6年生になって、行事の企画運営等をする忙しい委員会に入ったらしく、そのプリントも多いそうで…

Img_2037


今まで1つのファイルに入れていたものを、

・お便り
・宿題
・委員会

にわけてみたんですって。


入れる時は少し面倒くさいって言ってたけど、自分で考えてやってみるってすごいな〜。
「やるねぇ!」
って褒めちゃいました(笑)


そんな長男は、

普段は机の上がごちゃごちゃなことも多く、
探しもしないで「ない〜」と言い、
ゴミはその辺に置きっぱなしなこともあります。

でも、自分で必要だと思ったときに考えたり工夫したりできるって、生きる力がついてきているような気がして嬉しいできごとでした。


やればやるほどラクになる『ずぼラクお片づけ』。
仙台在住のライフオーガナイザー®(整理収納アドバイザー)、
はやさか ひろみでした(o^-^o)


お申し込み・お問い合わせ

セミナー・講座 開催予定





(大先輩が講師の、ライフオーガナイズの講座もオススメです!

|

« あきらめないで!『片づけができない人』なんていない。 | トップページ | コーディネートを記録してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289957/71010365

この記事へのトラックバック一覧です: 子供が自分で工夫できるということ:

« あきらめないで!『片づけができない人』なんていない。 | トップページ | コーディネートを記録してみる »